» 子供のムダ毛処理で安全に出来ることと危険なこと

抑毛ローション・クリーム総合口コミランキング > コラム集~ムダ毛処理のヒント~ > 子供のムダ毛処理で安全に出来ることと危険なこと

子供のムダ毛処理で安全に出来ることと危険なこと

Pocket

大人になると、体毛が濃いことでムダ毛処理を行うことが増えてきますが、近年では子供のムダ毛処理を行う機会が増えています。しかし、子供のムダ毛は安全に出来ることと、危険なことがあるので注意が必要です。

今回は、子供のムダ毛処理で、安全に出来ること、危険なことについて解説していくので、参考にしてみてください。

子供のムダ毛処理を安全に行う方法

脱毛方法といっても、子供のムダ毛の量やムダ毛処理にかけることができる費用などによって、やり方は異なります。子供のムダ毛処理を安全に行うためには、どのような方法があるのか、いくつか種類を紹介していくので、参考にしてみてください。

1.子供用の脱毛エステに行く

子供を安全に脱毛させるためには、大人と同じように、脱毛エステで脱毛する方法がおすすめです。脱毛エステであれば、専門的な機器を使用して、熟練のスタッフが対応してくれるので、安全に考慮した上で脱毛を行うことができます。

ただ通常の脱毛エステであれば、高校生未満の子供に、施術を受けさせることが出来ないと、断られる可能性があるので、注意しましょう。

子供に脱毛エステでの施術を受けさせるのであれば、子供用の脱毛エステに通わせる方法があります。子供用の脱毛エステであれば、子供の肌に配慮して脱毛を行うことができるため、他の脱毛方法よりも安全に脱毛することが可能です。

子供が脱毛する方法としては、最も安全な方法ともいえるので、子供が体毛が濃くて困っている際に、脱毛を検討するのであれば、子供用の脱毛エステを検討することをおすすめします。

ただ一度の脱毛処理で、全てのムダ毛処理が完了する訳ではありません。脱毛が完了するまでに、何度も通う必要があるため、通う度に施術費用がかかることは理解しておくことが重要です。

2.ムダ毛対策のアイテムを使用する

大人が行う除毛クリームは、子供の肌からすると、刺激が強すぎて肌荒れの原因になる可能性があります。そのため、除毛クリームはおすすめできません。

そんな時におすすめなのが、ムダ毛対策のアイテムであるジェルを使用することです。ムダ毛対策のジェルは、毎日塗り続けることで、徐々にムダ毛が薄くなる効果を得ることができるため、自然にムダ毛が気にならなくなります。

自然成分が配合されているムダ毛対策のジェルであれば、子供の肌にも優しいので、安全に使用することが可能です。ただ全員の肌に合う訳ではなく、中にはムダ毛対策のジェルで肌荒れが引き起こされる可能性もあるので、注意が必要になります。

ただ一度使うだけで、ムダ毛処理が完了する訳ではなく、毎日塗り続けてムダ毛処理を薄くする必要があるので、買い続けることが大切です。完全に効果が発揮されるまでは、個人差によるものが大きいですが、2ヶ月~3ヶ月は継続して使うことが大切になります。

3.脱毛器を使用する

大人の脱毛と同じように、脱毛器を使用すれば、ムダ毛を処理することができます。確かな効果が発揮されるので、ムダ毛を綺麗に除去することが可能です。

しかし、脱毛器を使用する場合は、子供の肌に悪い影響が与えられないか、事前に保護者がチェックしておく必要があります。

また大人の肌で試して大丈夫であっても、子供の肌は大人以上に敏感であることが多いため、肌にダメージが蓄積される可能性があるので、注意が必要です。特に、レーザー脱毛などは、刺激が強い恐れがあるため、使用頻度などには気を付けることが重要になります。

特に、脱毛エステと違い、自宅で使用することができる脱毛器は、専門的なスタッフではなく、保護者がチェックする必要があるので、細心の注意を払って使用することが大切です。

脱毛器の種類によっては、子供に使用してはいけないなどの記述があるので、その場合は安全性を考慮して使用しない決断も必要になります。

脱毛した後の肌は、敏感になることから、外出して紫外線を浴びることが多い子供の肌は、より刺激を受けてしまう可能性があるので、注意しましょう。

子供のムダ毛処理で危険な方法

子供のムダ毛処理を行う場合に、比較的安全な方法を紹介しましたが、中にはおすすめ出来ない危険な方法があります。どのような方法がおすすめできないのか、詳しい内容を紹介していくので、参考にしてみてください。

1.カミソリで処理

手軽な脱毛処理方法であるため、実践することが多いカミソリでの処理ですが、子供のムダ毛処理の方法としては、おすすめできません。

子供の肌は、大人以上に敏感であることから、カミソリでムダ毛を処理してしまうと、肌にダメージを与えてしまい、敏感な子供の肌に悪い影響を与えてしまう可能性があります。

またカミソリでムダ毛を処理することで、今まで細かった子供のムダ毛が、断面で太く見えてしまう恐れがあるのです。カミソリで剃ってしまうことで、余計に目立ってしまうかもしれないので、子供のムダ毛処理としてはおすすめできません。

体毛が濃いことでムダ毛処理を検討している場合、カミソリで処理した方が、目立ってしまう恐れがあるので、気軽に実践できるムダ毛処理方法といっても、子供のムダ毛処理の方法としては、危険であることから辞めた方がいいでしょう。

2.毛抜きで処理

大人であれば試すこともある毛抜きでの処理は、子供の肌には危険である可能性があるのでおすすめできません。毛抜きでムダ毛を処理する方法は、カミソリでムダ毛処理するよりも、肌にダメージを与える危険性があるので、ムダ毛が気になるからといって、安易に毛抜きを使用しないようにしましょう。

毛抜きでムダ毛処理した場合、処理した部分に菌が入り込んでしまい、高熱が出てしまったり、腫れる可能性があるので、子供のムダ毛処理の方法としては、毛抜きは使用しないことが重要です。

また毛抜きで処理することで、毛穴の中で毛が丸まってしまい、埋没毛となってしまう恐れがあります。埋没毛になると、毛穴の入り口にダメージが与えられてしまうだけでなく、見た目にも黒いポツポツとなって、悪い印象になる可能性があるので注意しましょう。

3.除毛クリームで処理

大人のムダ毛処理として、綺麗に処理できることから人気が高い除毛クリームですが、子供のムダ毛処理には適していないといえます。除毛クリームに含まれている成分は、たんぱく質を分解する成分が含まれていることから、子供の肌には刺激が強すぎるでしょう。

毛はたんぱく質で構成されていることから、しっかりムダ毛処理することができますが、肌もたんぱく質で構成されているため、除毛クリームを塗ることで、肌がヒリヒリとしてしまう可能性があります。

ムダ毛対策のジェルについては、自然成分で安全性が高い商品が多いですが、除毛クリームの場合は、刺激が強すぎるため、敏感な子供の肌には使用しないようにしましょう。

子供の肌に使用してしまうと、炎症を引き起こす原因になる恐れがあるので、子供の手が届かないところに保管しておくことをおすすめします。

4.ブリーチで脱色

大人のムダ毛処理の方法としてもおすすめできませんが、ブリーチで脱色してムダ毛を処理する方法もあります。ムダ毛にブリーチを使用することで、見た目に目立たなくすることができるので、一見ムダ毛処理に有効的な気がするでしょう。

しかし、ブリーチの成分は、刺激が強いことから、子供の肌には適しておらず、炎症の原因になる可能性があります。またブリーチして目立たなくなったとしても、徐々に毛が伸びてくるので、再度ブリーチする手間がかかってしまうのが難点です。

子供のムダ毛処理で注意すること

基本的に、子供は成長途中であるため、簡単にムダ毛処理を行わないことが大切です。特に女の子は、月経が始まると女性ホルモンが活発化し、自然とムダ毛が薄くなることが考えられます。

そのため、今はムダ毛が濃いといっても、徐々に薄くなる可能性があるので、もう少し我慢することが大切です。

また子供は、外で遊ぶことが多いため、日焼けをしていることが多いでしょう。脱毛器や脱毛エステでのムダ毛処理を行う場合、日焼けをしていると、メラニンが肌に反応して、上手くムダ毛処理することができない可能性があります。

脱毛器で処理した後も、紫外線を浴びて日焼けすると、色素沈着が引き起こされて、跡が残ってしまう危険性もあるでしょう。

ムダ毛処理を行うことで、子供の行動に制限をかけてしまう恐れがあるので、出来るだけ子供のうちにムダ毛処理を行わないことが大切です。

ムダ毛を薄くする食べ物

子供のムダ毛処理を安全に行う方法以外にも、安心してムダ毛を薄くする方法があります。それは、食事でムダ毛を薄くする努力をすることです。食べ物の中には、ムダ毛を薄くしてくれる効果が含まれている物もあるので、いくつか紹介していきます。

1.イソフラボン

大豆などに含まれているイソフラボンは、女性ホルモンと似たような性質を持っていることから、摂取することでムダ毛を薄くする効果が期待できます。

イソフラボンは、大豆だけでなく、豆乳・味噌などにも含まれているので、ムダ毛を薄くしたいのであれば、積極的に摂取してみましょう。

2.GI値の食べ物

ムダ毛を薄くする方法の一つとして、イソフラボンを摂取することを紹介しましたが、他にも男性ホルモンの分泌を抑えることができれば、ムダ毛が濃くなることを予防してくれます。

そのためには、男性ホルモンの分泌が促されるインスリンの動きを抑制することが重要です。インスリンは、高血糖になる分泌されることが多いので、血糖値が急上昇しにくい、低GI値の食べ物を摂取する必要があります。

GI値の食べ物としては、玄米やきのこ、チーズなどが当てはまるので、積極的に食べていき、男性ホルモンの働きを抑えることを意識していきましょう。

まとめ

子供のムダ毛処理を安全に出来ることと、危険なことを紹介しましたが、まだ成長できていない体に負担をかけると、後々の成長に支障をきたす恐れがあります。

そのため、出来るだけムダ毛のことは置いておき、体が成長するまで待つことが大切です。それでもムダ毛が気になる場合は、安全にムダ毛処理できる方法を実践して、綺麗にムダ毛を処理することを意識していきましょう。

おすすめNo.1コントロールジェルME
ぜひ一度お試しください!