» これはNG!脚をボロボロにする誤ったカミソリ処理5選

抑毛ローション・クリーム総合口コミランキング > コラム集~ムダ毛処理のヒント~ > これはNG!脚をボロボロにする誤ったカミソリ処理5選

これはNG!脚をボロボロにする誤ったカミソリ処理5選

Pocket

女性にとってムダ毛処理は、脚を綺麗に見せるために重要なケアです。しかし、誤った脚のムダ毛処理を行うと、脚をボロボロにしてしまい、ムダ毛処理が逆効果になってしまう可能性があります。今回は、脚をボロボロにしてしまう、誤ったカミソリ処理の方法を5つ紹介していくので、参考にしてみてください。

脚をボロボロにするカミソリ処理5選

自宅で簡単に行うことができる自己処理の方法として、カミソリ処理が考えられます。気軽に行えるため、多くの方が実践していますが、カミソリ処理の方法を間違えると、脚がボロボロになってしまう可能性があるので注意が必要です。

どのようなカミソリ処理が、脚をボロボロにする恐れがあるのか、5つのケースを紹介していくので、参考にしてみてください。

1.ボディーソープや石鹸で処理

お風呂場で脚のムダ毛処理を行う場合、シェービングクリームを使用すれば問題ありませんが、面倒であることから、体を洗った状態のまま、ボディーソープや石鹸でカミソリ処理する方がいます。

ボディーソープや石鹸には、界面活性剤が含まれているため、体を洗うことで、肌がふやけて弱っている状態になるのです。弱っている状態の肌のまま、カミソリ処理を行うと、肌に負担をかけてしまい、傷つけてしまいます。そのため、ボディーソープや石鹸でカミソリ処理を行うと、脚がボロボロになってしまい、後からケアが必要になるのです。

2.下から上に向かって剃る

毛の流れに逆らった方が、根本からムダ毛処理が出来ると考えている方が多いことから、下から上に向かって剃る方もいるでしょう。しかし、下から上に向かってカミソリを入れると、肌への負担が大きいだけでなく、脚の毛穴を広げるきっかけになってしまうため、逆効果になってしまいます。

また毛穴の断面が太く見える原因にもなるので、毛の流れに逆らわずに、上から下に向かってカミソリを入れる方が、脚を傷つけることなくムダ毛処理することが可能です。

3.カミソリの刃を頻繁に交換していない

まだまだ剃れるということから、カミソリの刃を交換しない方も多いのではないでしょうか。切れ味が悪くなったカミソリは、肌への負担が大きいだけでなく、衛生上にもよくないため、肌トラブルの原因になる可能性があります。

また切れ味が悪くなったカミソリを使用していると、横滑りをしてしまったり、何度も剃る必要が出ることから、肌を傷つけるきっかけになるので、切れ味が悪くなったと感じた時には、すぐに交換することが大切です。定期的に交換する場合は、月に1度か2度は、交換する習慣をつけた方が、脚を労わるためには重要になります。

4.カミソリを浴室に置いている

普段から使用しているカミソリを浴室に置いていると、カビや菌が繁殖してしまい、肌トラブルの原因になることがあります。手間がかかって大変でも、風通しのいい場所で管理し、カミソリの劣化を防ぐことが大切です。

またカミソリの刃の部分は、金属で出来ていることから、水が多い場所で放置しておくと、すぐに酸化してしまい、切れ味が悪くなります。すぐに刃を交換しなければならないので、浴室でカミソリを放置することは避けましょう。

5.生理前や体調不良の時にカミソリ処理

生理前や体調不良の時は、体全体の免疫機能や代謝が落ちている傾向にあるため、その状態でカミソリ処理すると、治癒力が悪く、カミソリ跡が残ってしまう可能性があります。

何度も繰り返し行っていると、脚がボロボロになってしまうきっかけになるので、生理前や体調不良の時には、必要に迫られない限りはカミソリ処理しないことが大切です。

またカミソリ処理で傷を作ってしまった場合、菌が繁殖してしまい、傷口が化膿してしまう恐れがあります。睡眠不足の際にも、免疫機能や代謝が落ちている傾向にあるため、状態が優れない時は、カミソリ処理は控えるようにしましょう。

誤ったカミソリ処理は肌に負担がかかる

正しいカミソリ処理を行わずに、誤った方法を継続して行っていると、肌に負担がかかって、色素沈着や埋没毛が発生するきっかけになってしまいます。

積み重ねで出来た脚の負担は、簡単にケアすることが難しくなるので、出来るだけ色素沈着や埋没毛が発生しないようにすることが大切です。

カミソリ処理を行った後は、保湿を行い、炎症や赤くなることを予防することを心がけましょう。最後の保湿を行うだけでも、脚への負担を軽減することができるので、積極的に行うことをおすすめします。

まとめ

誤ったカミソリ処理は、習慣的に行っていると、徐々に脚に負担をかけてしまい、取り返しのつかないことに発展する恐れがあります。

いつまでも綺麗な脚を維持するためにも、カミソリ処理の方法には、十分気を付けることが大切です。特に、カミソリの刃は劣化しやすい特徴を持っているので、管理をしっかり行うようにしましょう。

面倒でも浴室で置いておくのは、一番やってはいけないことなので、脚がボロボロにならないためにも、カミソリは大切に保管しておいてください。

おすすめNo.1コントロールジェルME
ぜひ一度お試しください!