» 子供のおでこの産毛が気になる。剃るべき、それとも放置?

抑毛ローション・クリーム総合口コミランキング > コラム集~ムダ毛処理のヒント~ > 子供のおでこの産毛が気になる。剃るべき、それとも放置?

子供のおでこの産毛が気になる。剃るべき、それとも放置?

子供の産毛が気になりやすい場所として、おでこや鼻の下が挙げられます。

特におでこは長い産毛が生えやすく、おでこを出したヘアスタイルをすると目立ってしまうため、「剃りたいけど剃っていいものなのか」と悩む親御さんも多いのではないでしょうか。

この記事では「そもそも子供のおでこの産毛は剃るべきなの?」という疑問や剃る場合の処理方法について解説します。

子供のおでこの産毛は剃るべき?それとも放置?

今は小学生でも産毛を気にする時代です。

実際に、貝印株式会社が小・中学生の女性190名を対象に行った「若年女性層のムダ毛意識

・実態調査」では、小・中学生の87%がムダ毛を気にしていると答えています。(※1)

また、同調査において「ムダ毛処理をしたことがある」という小・中学生を対象に「ムダ毛処理を始めた時期」について質問した結果、54.2%が小学生高学年までにムダ毛処理を始めたと答えているほど、ムダ毛処理は当たり前の時代になってきています。

中には「剃ると毛が濃くなる」と心配する親御さんもいるようですが、それは医学的根拠のない噂にすぎません。

水平に剃られた毛の断面がそのまま成長するため、濃く見えるというわけです。

服で隠れる脇や足の毛と比べおでこの産毛は目立ちやすいため、保育園や小学校で友達に指摘され嫌な思いをする場合もあります。

子供がおでこの産毛を気にしている素振りを見せた時が剃るタイミングと言えるでしょう。

子供のおでこの産毛処理方法は?

ここまでの調査で小・中学生の半数以上が小学生高学年までにムダ毛処理をはじめたということが分かりました。

では、子供のおでこの産毛処理はどのように行うのがよいのでしょうか。

未就学児や小学生低学年の場合は、一人で処理するのは難しい場合が多いため、保護者が行う必要があります。

肌が繊細で処理中に動き回る心配のある子供にとって、肌を傷つけやすいカミソリで剃るのはあまりおすすめできません。

ここでは、おでこの産毛におすすめの処理方法について紹介します。

1、顔用電気シェーバーで剃る

顔用電気シェーバーは、肌が傷つきにくく安全性が高いため、動き回る心配のある子供に最適です。

では、顔用電気シェーバーを使ったおでこの産毛処理の手順を紹介します。

  • ステップ1:刃を寝かせた状態で下に向け、髪の生え際の少し下に刃を当て、下方向に向かって優しく剃る。
  • ステップ2:ステップ1で剃った部分と眉毛の間を、左右それぞれ外側に向かって剃る。
  • ステップ3:眉間を剃る。眉間は眉を剃り落さないように下から上に剃る。

顔用電気シェーバーは、長さが1cmほどの小さい刃が付いている場合も多いので、眉周りの細かい部分は刃を使い分けながら剃っていきましょう。

2、抑毛コスメを塗る

抑毛コスメはローション、乳液、クリームなどのタイプがあるので、その子の肌質にあった質感を選んで使用しましょう。

大豆イソフラボンなど、肌に優しい成分が配合されている抑毛コスメは、肌を綺麗にしたり、毛穴を目立ちにくくしたりする効果もあります。

効果が出るまでに時間がかかりますが、入浴後や顔用電気シェーバーを使った後などに保湿剤としてサッと塗るだけで手軽に続けられる方法です。

3、理容室でシェービングする

理容室でシェービングするのも一つの手段です。

一度プロに処理してもらえば次からは伸びた部分だけを処理すれば良いので、毎回理容室に通う必要はありません。

理容室なら自分では剃りにくい細かい部分も綺麗に剃ってもらえるので、イベントの前などに利用してみるのも良いでしょう。

子供の産毛が濃い理由とは?

体毛の濃さは3~5歳で決まうと言われており、産毛が濃い子供もいれば薄い子供もいます。

実は、産毛が濃い薄いの差は遺伝やホルモンバランスの乱れからきています。

ここでは、それぞれの理由について詳しくみていきましょう。

理由その1、遺伝

目の色や肌の色が遺伝するように、産毛の濃さも遺伝することが分かっています。

そのため、両親とも産毛が濃いならば、赤ちゃんも産毛が濃くなる可能性が高いのです。

遺伝によって産毛が濃い場合は、思春期以降に現れるということが多いため、思春期という多感な時期と相まって悩みの種になってしまいます。

産毛の濃さを気にするようであれば、処理をしてあげるとよいでしょう。

理由その2、ホルモンバランスの乱れ

食生活や睡眠不足によるホルモンバランスの崩れも、子供の産毛が濃くなる原因となります。

糖質が多く含まれている偏った食事を摂ると、インスリン値が急激に上昇し、男性ホルモンの分泌量も増えます。

男性ホルモンが多くなると産毛が濃くなってしまいます。

遺伝での産毛の濃さははなかなか変えられない部分ですが、規則正しい生活とバランスの良い食生活は今からでも挑戦することができるのでおすすめです。

子供の成長に合わせて産毛処理をしよう!

ここまで、子供の産毛を剃るタイミングや処理方法について見てきました。

子供の産毛を剃っても毛が濃くなるということはないので、気になるようならば剃るようにしましょう。

また、子供自身が産毛を気にするようになった時も剃り時です。

特におでこの産毛は目立ちやすく、濃く長くなりがちなので定期的に剃ることをおすすめします。

※1 参考元:「貝印株式会社・株式会社テスティー『若年女性層のムダ毛意識・実態調査』」

Pocket

おすすめNo.1コントロールジェルME
ぜひ一度お試しください!