» 毛抜きを使うなら実践すべき、比較的肌に優しい毛抜き使用法

抑毛ローション・クリーム総合口コミランキング > コラム集~ムダ毛処理のヒント~ > 毛抜きを使うなら実践すべき、比較的肌に優しい毛抜き使用法

毛抜きを使うなら実践すべき、比較的肌に優しい毛抜き使用法

自宅で簡単に行うことができる毛抜きでのムダ毛処理。ただ皮膚に刺激を与えることから、使用法は検討することが大切です。
今回は、比較的肌に優しい毛抜きの使用法について、詳しい内容を解説していくので、ムダ毛処理の方法を検討している方は、参考にしてみてください。

毛抜き処理のメリット

ムダ毛処理の方法として毛抜き処理を活用するメリットとしては、他の自己処理方法と比較すると、次に生えてくる毛の期間が長いという点です。
毛穴に出ている表面の部分を剃るカミソリと比べると、毛根から引っ張って処理することができるため、ムダ毛処理の効果が長いのが特徴になります。

一度毛抜きをすると、3週間~1ヶ月程度は生えてくることがないので、処理する手間を省くことが可能です。ただ永久脱毛ではないため、必ず毛は生えてくるので、毎回処理する必要があるので注意しましょう。

比較的肌に優しい毛抜きの使用法

毛抜きは、毛と一緒に皮膚を引っ張ることから、肌に刺激を与えてしまう恐れがあります。そのため、ムダ毛処理の方法としてはおすすめできませんが、比較的優しい毛抜きの使用法もあるので、一度実践してみてください。

上手く活用することができれば、肌にかかる負担を軽減することが可能なので、ぜひ一度試していましょう。

1.蒸しタオルを当てる

出来るだけ肌に負担をかけない方法として、蒸しタオルを肌に当ててから毛抜きを行う方法があります。そうすることで、毛穴が開いて、毛抜きによる皮膚を引っ張る現象が起きにくくなるでしょう。

使用法としては、一度タオルを濡らしてから、水滴が出ない程度に絞り、絞ったタオルに食品用のラップを巻き付けてください。

500Wの電子レンジで1分ほど温めれば、蒸しタオルの完成です。他にも蒸しタオルを作る方法はありますが、最も簡単な方法は電子レンジで温める方法なので、実践してみてください。

この時に注意すべきなのが、蒸しタオルに水分が少なすぎると蒸しタオルになりにくく、多すぎると熱すぎる可能性があるので、水分量は調節しておくことが大切です。

蒸しタオルが出来た後は、ムダ毛処理したい場所に蒸しタオルを当てて、毛穴を開かせるようにしましょう。その後に、毛抜きを行えば比較的、綺麗に毛を抜くことができます。

2.処理後は保湿クリームを塗る

毛抜きを行った後は、保湿をしっかり行うことが大切です。そのためにも、処理後は保湿クリームを毛抜きを行った場所に塗り、炎症が発生しないようにケアする必要があります。

最後のケアを怠ると、後から炎症になったり、毛抜きを行った箇所が赤くなってしまう恐れがあるので、保湿を行うことは重要です。

他にも、毛抜きを行った後は、外出を控えて、紫外線に浴びないようにするなど、肌を労わることが肌をケアする意味で大切になります。

無理に毛抜きはしないことが大切

比較的優しい毛抜きの使用法を紹介しましたが、基本的に毛抜きでの自己処理は、埋没毛の発生などのリスクが高いため、おすすめできません。

そのため、蒸しタオルでムダ毛処理したい箇所を温めても、毛抜きが痛いと感じた場合には、すぐに辞める決断を下すことも大切です。

肌に優しい使用法といっても、多少の刺激は感じることがあります。そのため、無理に毛抜きを行わないことが肌を労わるためには、一番大切なことです。

まとめ

毛抜きでムダ毛処理を行うと、長い期間毛が生えてこないことから、自己処理の中でもムダ毛処理効果が高いといえるでしょう。

しかし、皮膚への刺激が強いことから、出来るだけ皮膚に優しい毛抜きの使用法を実践することが大切です。
今回紹介した蒸しタオルの方法を実践すれば、多少の刺激を抑えることができるので、毛抜きでの処理を検討する方は、一度実践してみてください。

Pocket

おすすめNo.1コントロールジェルME
ぜひ一度お試しください!