» リスクが高い!毛抜きによるムダ毛処理は基本的にやめたほうが良い理由

抑毛ローション・クリーム総合口コミランキング > コラム集~ムダ毛処理のヒント~ > リスクが高い!毛抜きによるムダ毛処理は基本的にやめたほうが良い理由

リスクが高い!毛抜きによるムダ毛処理は基本的にやめたほうが良い理由

気軽にムダ毛処理を行うことができる毛抜きですが、基本的には使用しない方が賢明です。なぜ毛抜きは、ムダ毛処理の方法としておすすめできないのでしょうか。
今回は、毛抜きによるムダ毛処理がおすすめできない理由について解説していくので、参考にしてみてください。

毛抜きによるムダ毛処理のデメリット

毛抜きは、自宅で簡単にムダ毛を処理することができるため、即効性があり、ムダ毛を目立たなくする期間が長いのが特徴です。
しかし、デメリットに感じることも多いため、ムダ毛処理の方法としてはおすすめできません。

どのようなことが毛抜きによるムダ毛処理のデメリットなのか、詳しい内容を紹介していくので、参考にしてみてください。

1.皮膚に刺激を与えてしまう

毛抜きによるムダ毛処理のデメリットとして、第一に考えられるのは、他の自己処理と比べても、皮膚に対するダメージが大きいという点です。
毛抜き処理は、毛を引っ張ることで、毛穴から毛を抜き取りますが、その際に、一緒に皮膚も引っ張られることから、皮膚に大きな刺激を与えてしまいます。

毛抜きを行う箇所が一箇所であれば、目立つこともありませんが、広い範囲の毛抜きを行うと鳥肌のように見えてしまい、ムダ毛以上に目立ってしまう恐れがあるでしょう。

また皮膚を引っ張ってしまうことで、肌がヒリヒリと痛みを感じてしまうので、後に痛みが残ってしまう可能性があります。

そのため、痛みが伴うムダ毛処理を嫌う方であれば、毛抜きによるムダ毛処理はおすすめできません。

2.皮膚がシミに見える

毛抜きによるムダ毛処理で、皮膚を引っ張ってしまうと、毛穴から出血してしまう可能性があります。大量に出血することがなくても、少量の出血で皮膚がシミのように見えてしまうことがあるのがデメリットの一つです。

見た目にも、肌が暗く見えることから、せっかくムダ毛処理しても、変に目立ってしまい、ムダ毛処理した意味がなくなってしまう恐れがあります。
綺麗な肌を維持するためにも、毛抜きによるムダ毛処理は控えた方が賢明です。

3.埋没毛が発生する

毛抜きで皮膚を引っ張ってしまうことで、毛穴に蓋をしてしまう可能性があります。蓋をしてしまうと、毛が成長しても毛穴から外に出ることができず、毛穴の中で成長を続け、埋没毛になる恐れがあるでしょう。

埋没毛は、毛穴を刺激することで痛みが生じるだけでなく、黒いポツポツとして見た目にも悪く映ってしまいます。

毛抜きで処理すると、埋没毛が発生する可能性が高いので、ムダ毛処理としてはおすすめできない理由の一つです。

毛抜き処理におすすめできない箇所

基本的に、ムダ毛処理の方法として、毛抜き処理はおすすめできません。特に、おすすめできないのは、デリケートゾーンや脇といった部分です。
デリケートゾーンや脇は、汗腺も多く蒸れやすい場所であるため、毛抜きの処理で菌が繁殖してしまう可能性があります。

そうなると、痛みが生じるだけでなく、色素沈着も引き起こしやすく、後から大変になってしまう恐れがあるので注意が必要です。埋没毛の発生リスクも高く、毛抜き処理を行うことは控える方が賢明でしょう。

まとめ

自宅で簡単に行えるムダ毛処理の方法である毛抜きによる処理は、皮膚を引っ張ってしまうことから、様々なリスクが発生します。

毛抜きでの処理を行う前よりも、傷が残ることで余計に目立ってしまうことや埋没毛の発生で、次からの処理も大変になってしまう恐れがあるので、毛抜きでの処理は基本的に辞めておきましょう。

特に、デリケートゾーンや脇は、皮膚が薄く、刺激に弱い性質を持っている箇所であるため、色素沈着などが発生しやすい箇所になります。

毛抜きでのムダ毛処理よりも、他の方法を検討し、ムダ毛処理を行ってみてください。

Pocket

おすすめNo.1コントロールジェルME
ぜひ一度お試しください!