» キッズ脱毛は本当は危険?ブームの裏に潜むリスクとは

抑毛ローション・クリーム総合口コミランキング > コラム集~ムダ毛処理のヒント~ > キッズ脱毛は本当は危険?ブームの裏に潜むリスクとは

キッズ脱毛は本当は危険?ブームの裏に潜むリスクとは

Pocket

子供の脱毛を行うことができるキッズ脱毛は、近年ブームになりつつあります。しかし、子供が脱毛を行うことで、危険な面もあるので注意が必要です。
今回は、キッズ脱毛の安全性について、詳しい内容を紹介していくので、参考にしてみてください。

キッズ脱毛が流行っている理由

基本的に、子供は体が出来上がっていないため、脱毛を行うと肌に負担がかかってしまいます。しかし、それでもキッズ脱毛を行い、子供の脱毛を促す保護者が増えているのが特徴です。なぜキッズ脱毛が流行っているのか、理由を紹介していきます。

1.ダンス・バレエの習い事で肌を露出することが多い

近年では子供の習い事として、ダンスやバレエをさせる保護者が増えています。その中で、肌を露出する機会が増えることから、見た目をよくするために、子供の脱毛を検討していることが多いようです。

他にも、水泳など肌を露出する機会がある習い事のために、子供の脱毛を検討する親が増加傾向にあります。

2.アイドルやモデルと比べる

小学生でもキッズモデルやアイドルなど、芸能界で活躍している子供はたくさんいます。そんな芸能界で活躍しているアイドルやモデルと比べることから、自分の子供にも脱毛をさせたいという保護者が増えているのが特徴です。

また子供自体が、アイドルやモデルに憧れて、キッズ脱毛を希望することが多いので、ムダ毛処理をすることが憧れになっている子供もいます。

3.海外留学やホームステイ

海外の文化に触れることが多い場合、海外で流行しているムダ毛処理の流れに沿って、脱毛したいという子供も増えています。

海外に憧れがある子供も、同じようにキッズ脱毛を希望することがあるため、キッズ脱毛が流行っている理由の一つです。

キッズ脱毛のリスクと副作用

子供に脱毛を行うキッズ脱毛ですが、体が出来上がっていない子供に脱毛を行うリスクはないのでしょうか。リスクや副作用について、詳しい内容を紹介していくので、参考にしてみてください。

1.皮膚の色が変色する

キッズ脱毛の際に、レーザーを肌に傷者することで、メラニン色素の生産を刺激し、日焼けのように皮膚が黒く変色することがあります。
子供の場合、肌が弱いことから、敏感にレーザーの光に反応して、皮膚の色が変化してしまう恐れがあるので、注意が必要です。

反対に、刺激を受けることでメラニンが生まれ辛く、白くなることもあり、肌に負担がかかる可能性があります。一見肌が白くなることで、メリットに感じますが、メラニンが生まれ辛いと代謝機能が低下するので、肌トラブルが引き起こされる可能性があるので気を付けましょう。

2.皮膚に痛みや腫れ

大人でも、脱毛する際に皮膚に痛みを感じることがあるため、子供のような皮膚が出来上がっていない状態で脱毛すると、危険な状態になってしまいます。
特に、痛みがひどい場合は、アレルギー症状が出ている可能性があるので、すぐに施術を辞めることが大切です。

他にもアレルギー反応で、不快感や腫れが発生する可能性があるので、肌がおかしいと感じた時には、すぐにキッズ脱毛を諦めることも重要になります。

3.体臭がひどくなる

脱毛剤の臭いが皮膚に残ってしまうことから、体臭がひどくなることもありますが、ワキ脱毛などの施術を行った場合、汗腺が開きっぱなしになることから、体臭や汗が通常よりもひどくなる可能性があります。

キッズ脱毛の副作用の一つであるため、今後の子供の成長を考えるのであれば、安全性が心配になるでしょう。

4.癌リスク

現在では、癌になるといった症例はないようですが、レーザーを体に通すことから、細胞を傷つけて皮膚がんになるリスクを向上させてしまうとされています。

将来的に発生する可能性もあるので、幼い時にレーザー脱毛を行うと、皮膚にかかる負担が心配になるでしょう。

大人でもレーザーによる影響が及ぼされる可能性もあるため、子供のような薄い皮膚では、レーザーの刺激が大人以上にかかることが予想されます。

5.麻痺

キッズ脱毛で行うレーザーにより、神経が刺激され麻痺を引き起こしてしまう可能性があると言われています。子供のうちに麻痺が引き起こされると、大人になっても影響を及ぼす恐れがあるので、安全性が心配されるでしょう。

6.火傷

脱毛剤が長時間も肌に残っていると、皮膚の表面で化学反応が引き起こされて火傷のような症状になる可能性があります。脱毛剤を洗い流すのが不十分であった場合に発生することがあるので、キッズ脱毛を行った後は、細心の注意が必要です。

7.ケロイド

化学物質で発生した火傷がひどくなると、皮膚の細胞が傷つけられて、ケロイド状態になる恐れがあります。脱毛剤を放置すると、後から危険なことに発展するかもしれないので、安全性には十分注意して施術を行うことが重要です。

8.皮膚から出血

キッズ脱毛といっても、レーザーでムダ毛処理を行うことから、皮膚への負担は相当かかります。大人と違い、子供の皮膚は敏感で薄いため、レーザーによる負担は大きいでしょう。

状況によっては皮膚が裂傷して、出血する可能性があるので、皮膚への影響がひどい場合は、キッズ脱毛は諦めることが大切です。

9.目の障害

キッズ脱毛では行うことが少ない症例ですが、目の周辺を脱毛したくてレーザー照射することがあるようです。その場合、失明や視力低下などの目の障害に繋がることがあるので、安全性を考慮するのであれば、顔の周りは脱毛しないことが賢明でしょう。

キッズ脱毛は安全性を確認してから決断すること

子供の習い事のために脱毛したり、子供のコンプレックスを改善するために、キッズ脱毛を実施することは重要ですが、安全性を確認してからキッズ脱毛を決断することが大切です。

安全性を確認せずに、施術を行ってしまうと、後から子供の皮膚に負担がかかり、症状が残ってしまう可能性があります。十分安全性が確保されてから、キッズ脱毛を行うようにしましょう。

まとめ

基本的に、キッズ脱毛は専門のスタッフが対応してくれることから、安全性は確保されているはずです。しかし、子供の皮膚は敏感で薄いため、刺激を与えると危険な可能性もあります。

今回紹介したリスクや副作用を理解した上で、キッズ脱毛を行う必要があるのか、もう一度再確認してから施術を検討してみましょう。

おすすめNo.1コントロールジェルME
ぜひ一度お試しください!