» 小学生、中学生のうちに脱毛することがオススメできないワケ

抑毛ローション・クリーム総合口コミランキング > コラム集~ムダ毛処理のヒント~ > 小学生、中学生のうちに脱毛することがオススメできないワケ

小学生、中学生のうちに脱毛することがオススメできないワケ

Pocket

子供の体毛が濃くて悩んでいるという方は、小学生・中学生の間に脱毛しないことが大切です。子供にとって重要な悩みといっても、脱毛しない方が後々のためにもいい理由があります。なぜ小学生・中学生のうちに脱毛することがオススメできないのか、詳しい内容を紹介していきましょう。

小学生と中学生に脱毛をオススメ出来ない理由

子供の体毛が濃くて悩んでいたとしても、小学生と中学生の間には、脱毛することをオススメできません。なぜ脱毛がオススメ出来ないのか、詳しい理由を紹介していくので、参考にしてみてください。

毛の周期が安定していない

脱毛を行う場合は、本来毛が生え変わる周期に合わせて脱毛を行います。しかし、子供の場合は、成長期などによっては、周期が安定しないことがあるため、脱毛の回数が増えたり、効果が表れないことがあるのです。

そのため、成長が著しい小学生・中学生の時期には、脱毛はオススメ出来ません。もしかすると、徐々に体毛が薄くなる可能性もあるので、放置しておくことも重要です。

子どもの皮膚は傷つきやすい

大人が脱毛しても、皮膚が丈夫に形成されているため、ある程度の刺激には耐えることができます。しかし、子供の皮膚は薄いため傷つきやすく、脱毛を行うことで、火傷や炎症のトラブルが発生する可能性があるのです。

脱毛を実施することで、子供の肌に火傷や炎症の跡が残ってしまうと、体毛が濃い以上に目立ってしまう恐れがあります。

また炎症後に紫外線を浴びてしまうと、色素沈着が引き起こされて何年も治らないといった状態になる可能性もあるので、小学生・中学生の間は脱毛しない方がいいでしょう。

日焼けしていると効果が落ちる

脱毛を実施すると、皮膚が敏感になってしまうため、紫外線を浴びることが出来ません。そのため、体育など活発に授業で日光を浴びる小学生・中学生には、脱毛することが難しいでしょう。

またそれだけでなく、脱毛の間に日焼けをしてしまうと、脱毛の効果が得られない可能性もあるので、脱毛しても意味がない可能性があります。

もし脱毛することで、子供の行動に制限をかけてしまうと、成長するきっかけを失う可能性があるので、脱毛はオススメ出来ないでしょう。

身体的な変化が起きやすい時期でもある

小学生・中学生の間は、身体的な変化が起きやすい時期であるため、体毛が濃くなることがあれば、薄くなることもあります。そのため、無暗に脱毛を行うことは得策ではありません。

女の子と男の子によって、体毛の変化が異なるので、どのような変化が生じるのか、詳しい内容を紹介していきましょう。

女の子は月経の始まりで毛が薄くなる場合も

女の子の場合は、月経が始まるまでは女性ホルモンが安定して働かないことがあるため、体毛が濃くなっている可能性があります。そのため、月経が始まるまでは、体毛についても様子を見ることが重要です。

月経が始まると、女性ホルモンが活発化し、体毛が自然に薄くなることもあることから、脱毛するよりも月経が始まるまで待つことも大切になります。

体毛の濃さについては、男性ホルモンによって左右されることが多いのですが、女性ホルモンが増えれば、男性ホルモンも抑制されるので、自然と体毛が薄くなることが考えられるのです。

女の子の場合は、女性ホルモンが活発化すれば、体毛が薄くなることが多いため、体毛が濃くて気になる場合は、もう少し成長を待ってから様子を見ることが大切になります。

脱毛を早めにしてしまうと、子供の行動を制限することに繋がるため、自然な成長を待つ方が大切です。

男の子は第二次成長期で毛の濃さが変わってくる

男の子の場合は、男性ホルモンが活発化することで、体毛が濃くなる傾向にあります。そのため、声変わりなどが発生する第二次成長期に毛が濃くなることがあるでしょう。

第二次成長期が完了するまでは、毛の量が著しく変化するので、薄くなることもあれば、反対に濃くなる可能性もあります。11歳~16歳頃が第二次成長期と言われているので、それまで脱毛を検討しない方がいいでしょう。

脱毛を試みたとしても、毛の周期が安定していないため、望んでいる結果が生じない可能性があります。

特に男の子は、早めに体毛が濃くなる子供もいるため、気にすることが多いですが、徐々に周囲も体毛が濃くなるので、少し我慢することも大切です。

子供のうちは脱毛しないことが正しい判断

小学生・中学生の間は、まだまだ体が成長途中であるため、これから体毛が薄くなることもあれば、濃くなることもあります。自然な成長を促さないと、反対に体毛が濃くなることに繋がったり、体調不良の原因になることもあるでしょう。

そのため、女の子であれば月経が始まるまで、男の子であれば第二次成長期が完了するまで、成長を待つことが大切です。

大人になって、体が出来上がってから脱毛することが大切なので、今は体毛が濃いと悩んでいても、小学生・中学生の間は脱毛しないことが正しい判断といえるでしょう。

おすすめNo.1コントロールジェルME
ぜひ一度お試しください!