» 子供が毛深くなる原因と対策法

抑毛ローション・クリーム総合口コミランキング > コラム集~ムダ毛処理のヒント~ > 子供が毛深くなる原因と対策法

子供が毛深くなる原因と対策法

Pocket

子供が成長する度に毛深いのが気になる場合、どのような原因が考えられるのでしょうか。また毛深いことがコンプレックスにならないように、対策法はないのか気になるポイントです。
今回は、子供が毛深くなる原因と対策法について詳しい内容を紹介していきます。

子供が毛深い原因の一つは遺伝

子供が毛深くなる原因の一つとして、第一に考えられるのは、両親からの遺伝によるものです。父親か母親のどちらかが、毛深い性質を持っているのであれば、子供も高確率で毛深くなる可能性があります。

また両親が毛深くなかったとしても、祖父母が毛深い可能性があり、孫が隔世遺伝で毛深くなることはあるのが遺伝による影響です。

遺伝が原因で毛深い場合は、根本的に改善することは難しいため、子供が毛深いことをコンプレックスにしている場合は、下手にフォローしない方が賢明でしょう。大丈夫と声をかけても、繊細な子供からすると気にするポイントになるので、そっとしておくことも大切です。

多毛症や薬の副作用

女の子なのに、ヒゲが生えるといった症状が発生している場合は、多毛症と呼ばれる病気が発症している可能性があります。多毛症とは産毛が太くなることで、毛深く見えてしまう症状のことです。脇毛や陰毛のように、体毛が濃く見えてしまうため、気にしてしまう子供も多いでしょう。

ただ毛の量が多くても、毛質が柔らかいのであれば、多毛症ではなく、遺伝が原因である可能性が高いのが特徴です。

多毛症が発症する原因としては、男性ホルモンの過剰分泌やステロイド薬の服用が考えられます。多毛症は、女性や子供に見られることが多く、体毛が濃くなるだけでなく、生理周期の乱れや声が低くなるといった症状が出る可能性があるでしょう。

薬の副作用として体毛が濃くなることもあり、アトピー治療のステロイド薬や臓器移植の拒絶反応を抑えるシクロスポリン、抗てんかん薬のフェニイトンが原因である可能性もあります。

生活環境が原因の可能性

遺伝や多毛症などが、子供が毛深くなる原因であった場合は、簡単に対応することが難しいのが特徴です。しかし生活環境が、子供が毛深くなる原因である場合は、早めの処置で改善することができます。

1.食生活の乱れ

子供の頃から添加物が含まれているインスタント食品やジャンクフード、過度なダイエットを行うと、ホルモンバランスが乱れることに繋がります。特に、子供の頃はホルモンバランスが安定しにくく、男性ホルモンが優勢になることで、毛深くなる可能性があるので注意が必要です。

わかめなどの海藻類を口にすることで、毛深くなるという噂はありますが、直接的な原因になることはないので、海藻類が原因で毛深くなることはないでしょう。

2.ストレス

子供がホルモンバランスを崩す原因となるのが、ストレスによる影響も関係している可能性があります。脳がストレスを感じることで、ホルモンバランスの分泌を崩し、女性ホルモンが正常に分泌しなくなる恐れがあるでしょう。

子供は、大人が思っている以上に、些細なことでストレスを感じる傾向にあるため、一概に何が原因か特定することが難しいのが特徴です。

何か様子がおかしいと感じた時には、リフレッシュ法を見出してあげることも、保護者として大切な務めなので、出来るだけ子供がストレスを感じないようにケアをしてあげましょう。

また睡眠時間を十分に確保することも、ホルモンバランスを整える上で大切なことなので、子供の頃は夜更かしをせずに、正しい時間に睡眠を取ることも大切です。

睡眠によって、ストレスを軽減することもできるので、子供が夜に寝ないようであれば、しっかり原因を特定して、良質な睡眠が取れるように、保護者が環境を整えてあげましょう。

3.紫外線

子供が毛深くなる原因の一つとして、紫外線が関係している可能性があります。紫外線が毛深くなる原因としては意外と感じる方もいますが、皮膚に紫外線をたくさん受けると、刺激から皮膚を守るために毛が発達するのが特徴です。

子供は元気に外に出ることが多いので、出来るだけ皮膚を守るためにも、外出の際には日焼け止めを塗るなど、紫外線予防を十分に行うようにしましょう。

子供が毛深い時の対策法

子供が毛深くなる原因を紹介していきましたが、原因を特定しても対策法を理解していないと、毛深い状態を緩和することができません。
どのような対策法であれば、子供の毛深い状態を緩和することができるのか、詳しい内容を紹介していきましょう。

1.遺伝の場合

子供が毛深くなる原因が遺伝である場合は、根本的に毛深さを解決することは難しいでしょう。ただ正しいシェービング方法や保湿ケアを行い、除毛や抑毛を行うことは可能です。

遺伝が原因である場合は、自分の個性を受け入れるしかありませんが、多感な時期に保護者が仕方ないと慰めると、子供は余計に傷ついてしまいます。
そのため、フォローするよりも、どうすれば毛深さが緩和されるのか、アドバイスしてあげることを積極的に行っていきましょう。

2.多毛症や薬の副作用の場合

多毛症が原因である場合は、本当に子供が多毛症なのか、ホルモン濃度を調べるために、最寄りの内科や小児科に相談し、診察してもらうことをおすすめします。そこから、担当医師の指示に従って対策法を実施してみてください。

薬の副作用が原因である場合は、服用している薬を個人の判断で辞める訳にはいきません。そのため、薬の副作用が原因で毛深くなることが気になる旨を担当医師に相談し、どのように対処していけばいいのか、指示を仰ぐことが大切です。

3.生活環境が原因の場合

生活環境が毛深くなる原因であれば、食生活をバランスのいいものに切り替え、過度のストレスが溜まらない環境づくりを行うことが大切です。他にも、紫外線を過剰に浴びないように、外出の際には日焼け止めや帽子を被らせて、毛深くなることを予防していきましょう。

まとめ

子供が毛深くなる原因は、個人によって異なります。遺伝や多毛症などが原因である場合は、簡単に毛深さを緩和させることが難しいため、正しい除毛・抑毛方法を子供に教えてあげることが先決です。

生活環境が原因である場合は、保護者が環境を変えてあげることで、毛深くなる原因を除去することができるので、色々と試して、コンプレックスを改善させるように尽力していきましょう。

おすすめNo.1コントロールジェルME
ぜひ一度お試しください!