» 埋没毛が出来てしまう原因と治し方、予防方法

抑毛ローション・クリーム総合口コミランキング > コラム集~ムダ毛処理のヒント~ > 埋没毛が出来てしまう原因と治し方、予防方法

埋没毛が出来てしまう原因と治し方、予防方法

Pocket

黒いポツポツと見た目にも悪い印象を与えてしまう埋没毛は、どのようなことが原因で発生する可能性があるのでしょうか。
また治し方や予防方法はあるのか気になります。今回は、埋没毛が発生する原因や治し方、予防方法について紹介していくので、参考にしてみてください。

埋没毛が発生する原因

埋没毛は、毛穴に埋まった状態で毛が成長することで発生します。どのようなことが原因で発生するのでしょうか。埋没毛の具体的な発生原因について、詳しく解説していきましょう。

1.間違った自己処理

埋没毛が発生する原因の一つとして、間違った自己処理が関係している可能性があります。特にカミソリの誤った使い方は、埋没毛が発生する原因に直接的に関係するので、処理方法には十分注意が必要です。

カミソリ処理での間違った処理方法とは、刃を肌に押し当ててシェービングすることで、皮膚も削ってしまうなどが考えられます。他にも、毛が生えている反対に方向にシェービングを行う方法や素肌に直接刃を当てることも、埋没毛が発生する原因になるでしょう。

また毛抜きでの処理方法で、毛穴に負担をかけることでも、埋没毛が発生する原因になります。根本から引き抜かれる衝撃は、毛穴に大きなダメージを与えてしまうでしょう。そのため、毛穴が蓋をされて中で埋没毛が発生してしまうのです。

2.自己処理のペースが早い

1日~2日のペースでムダ毛処理を行っていると、皮膚が乾燥して固くなり、毛穴が埋まってしまう可能性があります。それにより、毛が毛穴から出てくることができず、埋没毛が発生する恐れがあるのです。

どれだけ肌に負担をかけないように処理していても、毎日自己処理していると、皮膚が固くなります。多くても5日間ほどは期間を空けて、ムダ毛処理することが大切です。

埋没毛の治し方

埋没毛が発生したからといって、改善する方法がない訳ではありません。埋没毛の状況に合わせて治し方を実施すれば、綺麗な肌にすることができます。どのような治し方を実践すればいいのか、詳しい内容を紹介していきましょう。

1.スクラブやピーリングで除去

皮膚の深い部分に埋没毛が発生した場合は、スクラブやピーリングで角質除去して治す方法があります。埋没毛に被さっている古い角質を取り除いてくれるため、自然に毛が出てくるようにしてくれるのが特徴です。

使用することで、すぐに埋没毛を治すことができる訳ではありませんが、継続していけば、いずれは埋没毛を解消させることができます。

ピーリングに至っては、毛穴の汚れを溶かす効果もあることから、埋没毛の発生で出来た黒ずみを治す効果も期待できるでしょう。

埋没毛が気になってスクラブやピーリングを行うのであれば、1週間に1度の頻度で使用していき、埋没毛を解消させるように継続して使用してください。

2.肌を保湿する

皮膚のすぐ下に埋没毛が発生していて、もうすぐ毛が出てくるといった状況には、保湿を継続して行い、肌のターンオーバーを促すことを意識していきましょう。肌のターンオーバーを促すことで、徐々に埋没毛が押し出されて、毛穴から出てくるので、気長に保湿を心掛けてください。

おすすめは、セラミドやコラーゲンといった保湿成分が配合されている化粧水や保湿クリームを使用することです。肌のターンオーバーを促すだけでなく、肌表面を綺麗にしてくれるので、肌を健康な状態に維持することができます。

3.毛穴を広げて除去する

埋没毛が少し出ているのであれば、自力で引き抜く方法も試してみるといいでしょう。ただ毛穴の中にいる埋没毛を無理矢理引っ張ってしまうと、余計に毛穴を傷つけてしまう恐れがあるので危険です。

埋没毛を自力で抜く方法としては、まず消毒した毛抜きやピンセットを用意しましょう。その後に、毛穴を広げるために蒸しタオルを準備して、埋没毛が発生している毛穴を3分ほど温めてください。

皮膚から飛び出ている毛だけを慎重に抜き、無理だと感じた場合には、素直に辞めることも重要です。埋没毛が抜けた場合は、十分に保湿を行い、炎症が発生しないように、肌をクールダウンさせましょう。

埋没毛を発生させないための予防方法

埋没毛は習慣的に行っている自己処理などから発生する可能性があります。そのため、事前に予防方法を把握しておくことで、埋没毛の発生を抑制することが可能です。どのような方法で、埋没毛を予防することができるので、紹介していきます。

1.自己処理の方法を見直す

埋没毛を繰り返し発生させてしまう方は、自己処理の方法を見直すことが予防方法の一環になります。例えば、バスタイムで自己処理すると、肌に水分が含まれているため、カミソリの刃が深くまで入り込んでしまい、皮膚を削ってしまう可能性があるでしょう。

そのため、カミソリではなく、電動シェーバーで刃が軽く当たる状態の物を使用すれば、埋没毛の発生を予防することができます。

2.自己処理の頻度を見直す

自己処理の頻度が多い方は、傷や毛穴の修復が間に合っていない可能性があるので、埋没毛を発生させる原因を作っている可能性があります。シェービングを行う回数は、1週間に1回程度がおすすめなので、自己処理の頻度を見直すことも大切です。

最低でも自己処理の頻度は、5日は空けて実施することが大切なので、埋没毛の発生を予防する方法として、自己処理の頻度を見直してみてください。

3.生活習慣の見直し

埋没毛の発生を予防する方法として、肌のターンオーバーを促すことが大切です。そのためには、生活習慣を見直し、規則正しい生活を送る必要があります。

食事のバランスを整え、睡眠時間を確保し、適度な運動を心がけましょう。そうすれば、埋没毛を予防することに繋がるので、ぜひ実践してみてください。

まとめ

黒いポツポツとなって気になる存在になる埋没毛は、自己処理の方法などが原因で発生することが多いので、事前に予防方法を理解して実践しておくことが大切です。

また発生した場合は、治し方も存在しているので、速やかに対応し、埋没毛を解消させることに尽力しましょう。

一度埋没毛が発生すると、行動を改善しない限りは、同じような現象が起きてしまうので、工夫を施して改善することが大切です。今回紹介した治し方や予防方法を参考に、実践してみてください。

おすすめNo.1コントロールジェルME
ぜひ一度お試しください!