» アトピー肌の方が選択すべき、肌への負担が軽いムダ毛処理方法

抑毛ローション・クリーム総合口コミランキング > コラム集~ムダ毛処理のヒント~ > アトピー肌の方が選択すべき、肌への負担が軽いムダ毛処理方法

アトピー肌の方が選択すべき、肌への負担が軽いムダ毛処理方法

アトピー肌の方は、肌への負担が軽いムダ毛処理方法を実践しないと、肌が傷ついてしまい、色素沈着の原因になってしまう恐れがあります。
どのようなムダ毛処理方法があるのか、いくつか方法を紹介していくので、参考にしてみてください。

アトピー肌の方のムダ毛処理方法

アトピー肌の方は、ムダ毛処理方法を意識しないと、傷がついてしまう可能性があるため、慎重にムダ毛処理方法を選択することが重要です。アトピー肌の方のムダ毛処理方法について解説していくので参考にしてみてください。

1.カミソリ

まずムダ毛処理方法として定番のカミソリでの処理ですが、アトピー肌の方が使用すると、肌の症状が悪化する可能性があります。我慢して剃ったとしても、後から炎症が発生したり、肌への負担がかかることから、カミソリでのムダ毛処理はおすすめできません。

アトピー肌の方は、バリア機能が低下している傾向にあるため、肌にカミソリを当てると、皮膚を傷つけてしまい、かゆみや炎症の原因になってしまいます。

またカミソリでのムダ毛処理は、一度剃っても頻繁に処理しないといけないため、肌を傷つけるリスクが高すぎるでしょう。

2.毛抜き

カミソリでの処理と同様に、自宅でムダ毛処理方法として実践されることが多い毛抜きですが、アトピー肌に関係なく、毛穴に雑菌が入り込み、湿疹が広がる可能性があるのでおすすめできません。

アトピー肌の方によっては、カミソリよりもひどい症状が発生する可能性があるので、ムダ毛処理の方法としてはやめておいた方がいいでしょう。

また毛抜きを行う際に、毛穴を傷つけてしまい、埋没毛の発生を招く恐れがあるため、ムダ毛処理方法としては実践しない方が無難です。

3.除毛クリーム・ワックス

肌に塗るだけで、ムダ毛を除毛する効果を得ることができる除毛クリームですが、簡単なムダ毛処理方法として人気が高いですが、薬剤が入っているため、アトピー肌の方にはおすすめできません。

中には敏感肌用の除毛クリームもあるため、使っても問題ない方もいますが、念のためにパッチテストを行ってから、肌に影響がないか試してみることが重要です。

他にも、脱毛ワックスでムダ毛処理する方法もありますが、ワックスを剥がす時に、肌への刺激が強いことから、アトピー肌の方は避けた方がいいでしょう。

4.抑毛ローション

肌に塗ることで、ムダ毛を細く薄くする効果が期待できる抑毛ローションは、即効性がないものの、比較的刺激が少ないことから、アトピー肌の方も使用できる可能性があります。

大人よりも敏感な肌をしている子供用の抑毛ローションも販売されているので、刺激が少ない抑毛ローションを探しているのであれば、子供用の抑毛ローションを使用するといいかもしれません。

ただムダ毛処理方法としては、効果が薄い可能性があるので、しっかりムダ毛処理したい方にはおすすめできないでしょう。

5.エステサロン・家庭用脱毛器

アトピー肌の症状を抑えるステロイドを使用している場合は、エステサロンでは脱毛することができません。そのため、エステサロンで脱毛を行う場合は、ステロイドの使用を辞めてから2週間~1ヶ月してから通う必要があります。

家庭用脱毛器についても、ステロイドを使用している場合は、使用を控えることが大切なので、エステサロン同様に、ステロイドの使用を辞めて2週間~1ヶ月後に、家庭用脱毛器を使用することが大切です。

6.医療脱毛

医療脱毛の場合は、医師が施術を担当するため、ステロイドを使用していても問題ないか、カウンセリングで確認を取ることができます。

中には、ステロイドの種類次第で、医療脱毛を受けることができる可能性もあるため、一度担当医師に相談するようにしましょう。

医師が診察を行い、ステロイド使用中による医療脱毛のリスクを説明し、本人が承諾すれば医療脱毛を受けることができます。

7.電気シェーバー

アトピー肌の方が、自己処理するのであれば、電気シェーバーがおすすめです。電気シェーバーであれば、刃が肌に直接触れないように設計されているので、アトピー肌の方でも安心して使用することができます。

ただカミソリよりも、深くムダ毛処理することができないことから、ムダ毛処理できる長さは短いのが難点です。

また電気シェーバーといっても、頻繁に使用していれば、肌トラブルの原因になることもあるので、取り扱いには十分注意する必要があります。

まとめ

アトピー肌の方は、ムダ毛処理する場合、処理方法を慎重に検討しないと、肌を傷つけてしまう恐れがあります。

自己処理するのであれば、電気シェーバーがおすすめですが、すぐにムダ毛が生えてしまうので、何度も処理する必要があるでしょう。しかし、頻繁に使用すると、肌への負担も考えられるので、注意しないといけません。

医療脱毛であれば、ステロイドを使用していても、医師の判断とリスクに対する本人の承諾があれば、施術を受けられる可能性があります。

どのような方法がいいのか、自分で考えて検討してみましょう。

Pocket

おすすめNo.1コントロールジェルME
ぜひ一度お試しください!