» 化粧品を買うとき、なるべく避けたい刺激成分まとめ

抑毛ローション・クリーム総合口コミランキング > コラム集~ムダ毛処理のヒント~ > 化粧品を買うとき、なるべく避けたい刺激成分まとめ

化粧品を買うとき、なるべく避けたい刺激成分まとめ

化粧品の中には、配合されている刺激成分があるため、敏感肌の方は出来るだけ購入することを避けた方がいい物があります。今回は、化粧品を購入する際に、なるべく避けたい刺激成分をいくつか紹介していくので、参考にしてみてください。

刺激が強い成分

敏感肌の方が購入を控えた方がいい、化粧品の刺激成分はいくつかあります。その中でも、特に刺激が強い成分を紹介していくので、参考にしてみてください。

1.エタノール

エタノールは、アルコールにアレルギー反応を示す方におすすめできない成分で、敏感肌の方にも刺激が強い成分になります。
化粧品の防腐や成分を溶かす溶剤、清涼感を目的として配合されていることが多く、一見効果的に見えますが、肌を乾燥させてしまう恐れがあるので注意しましょう。

男性用化粧品・クネケア化粧品・毛穴ケア化粧品といった物に含まれていることが多いので、該当する商品を購入する場合は、一度成分表を確認してから検討することが大切です。

2.香料

化粧品に使用されている香料は主に2種類あります。数種類~数十種類の化学物質を組み合わせて製作される合成香料と、天然の香料です。

天然の香料としては、精油が該当し、植物から抽出された成分であるため、一見体に優しいような印象がありますが、植物成分の中では刺激が強いので気を付けましょう。

アロマセラピーでも、原液は直接肌に塗ってはいけないと言われているほどなので、敏感肌の方は無香料を選択することをおすすめします。

3.角質ケア成分(ピーリング成分)

サリチル酸・グリコール酸・フルーツ酸などのピーリング成分は、肌の古い角質を除去してくれる効果が期待できるため、本来であれば肌にいい効果を与えてくれます。しかし、敏感肌の方には刺激を与える物質であるため、おすすめできません。

パパイン酵素といった酵素が含まれるものも、敏感肌の方には刺激が強い可能性があるので、購入する際には注意が必要です。

4.ハイドロキノン

シミに効く成分として人気がある成分ですが、比較的刺激が強く、中にはアレルギー反応を示す方もいるので、成分表に記載されている場合は注意が必要です。

敏感肌の方で、一度使用してみたいという方は、皮膚科で処方してもらってから医師の指導の下、使ってみるようにしましょう。

5.レチノール

エイジングケア商品に配合されていることが多い成分で、シワの改善にいい効果を与えてくれる成分として、高い人気があります。

ただ刺激が強い傾向にあり、肌を乾燥させてしまう恐れがあるので、敏感肌の方は使用しない方が賢明です。また中にはアレルギー反応を示す方もいるので、使用する場合は十分に注意が必要になります。

人によっては注意すべき成分

刺激成分の一つですが、絶対に肌に合わないという訳ではない成分がいくつかあります。しかし、中には刺激を感じて使用できないという方もいる刺激成分があるので、紹介していきましょう。

1.防腐剤

化粧品が劣化しないために使用されることが多い防腐剤ですが、種類はたくさんあり、パラベン類・フェノキシエタノール・ヒノキチオール・安息香酸Na・サリチル酸・グレープフルーツ種子エキスといったものが該当します。

肌のバリア機能が低下していると、刺激を感じるケースがあるため、使用する際に刺激を受けた場合は、使用を控えることも大切です。

中にはアレルギー反応を示す方もいるので、使用しておかしいと感じた時には、速やかに使用を辞めることが重要になります。

2.植物エキス

自然由来の成分であるため、本来は肌を労わる効果が期待でき、敏感肌の方でも安心して活用できる成分です。しかし、中には強いアレルギー反応を引き起こす方もいるため、化粧品を購入する際には、十分注意してから購入するようにしましょう。
特に大豆エキス・小麦エキス・精油といったものは気を付けることが大切です。

3.植物油

オリーブ油やホホバ油などが該当します。本来は、肌にいい成分の一つですが、精製度の低いオイルに不純物が含まれている場合に、刺激を受ける可能性があるので、気を付けましょう。

また植物オイルの主成分として、「脂肪酸」がありますが、脂肪酸に高いアレルギー反応を示す方がいるので注意が必要です。

4.酸化鉄、酸化チタン、酸化亜鉛

酸化チタン、酸化亜鉛については、紫外線を反射する効果が期待できるため、ノンケミカルの日焼け止めやファンデーションに配合されていることが多いのが特徴です。

酸化鉄は、メイクに色をつける粉で、ファンデーションやポイントメイクの成分として活用されていることが多いのが特徴になります。

ただ金属に強いアレルギー反応を示す方であれば、肌トラブルの原因になる可能性があるので、金属アレルギーの方は注意が必要です。

5.カチオン界面活性剤

コンディショナーやシャンプーによく配合されている成分で、肌に残ると被れる可能性があるので、注意が必要です。使っていて刺激がない場合には、問題ないのですが、中には強い反応を示す方もいるので気を付けましょう。

意外と低刺激な成分

肌に悪いとイメージされがちな成分でも、意外と低刺激な成分があります。どのような成分なのか紹介していくので、参考にしてみてください。

1.乳化剤

化粧品に含まれていると刺激が強いと勘違いされがちですが、意外と低刺激な界面活性剤が使用されていて、肌への刺激が少ない可能性があります。
ただ中には、強い刺激を感じる方もいるので、一概に問題がないとは言い切れないので注意しましょう。

2.シリコン

酸化せず、肌に浸透しない性質を持っていて、刺激が意外に弱いのが特徴です。ノンシリコンの化粧品の方がいいと思われがちですが、安全性は確保されている成分であるため、化粧品に含まれていても大きな問題なることは少ないでしょう。

敏感肌用の化粧品にも使用されているので、シリコンが含まれているから危険という訳ではないので、一応覚えておくことをおすすめします。

まとめ

化粧品には数多くの刺激成分が配合されています。そのため、自分に合わない成分がどのような物なのか、事前に把握しておくことが大切です。

今回紹介した刺激成分を参考に、化粧品を購入する際は、成分表をチェックするようにしましょう。

気を付けて購入することで、肌を労わることができるので、積極的に確認することをおすすめします。

Pocket

おすすめNo.1コントロールジェルME
ぜひ一度お試しください!